ONとOFF

こんにちは!

北九州市八幡西区の「結果」と「癒し」のヒーリング美エステサロン、Body&Face Hiina代表、ボディーケア&スキンケアセラピストの扇谷比奈子(おおぎやひなこ)です。

 

皆様は日々の生活において、「ONとOFF」の時間のバランスを大切にされているでしょうか?

 

ONとOFFって?

 

日々の生活に「ONとOFF」という言葉をよく使います。

「ON」というのは、仕事の時間であり、「OFF」は休養の時間です。

「ON」の状態を健康に保つためには「OFF」の時間を持たないと「ON」の時に自分が望む健康状態を保てない時が出てきます。

これは私が自分へ向けて言っているようなものですが、「ON」の時、元気な状態を保てているとついつい走り過ぎてしまい、

頑張っている身体のことを考えずに 自分の頭だけが先走ってどんどん進んでしまうことがあります。

 

それが行き過ぎると、身体が

「もう、ついて行くのは無理〜」

とのサインで体調を崩したりします。

その時に「OFF」の時間を取っていなかったこと、「OFF」の時間を侮っていたことに気づくんですね。

 

スマホやパソコンだって

機械、例えばスマホやパソコンだって、スイッチを「ON」にしたままだと具合が悪くなったり熱を持ったりします。

機械だってそうなのですから、私たち人間はもっと「OFF」の時間を取ることを大切にすべきだということが分かります。

 

 

「開く」と「閉じる」

「ON」と「OFF」という対義語ですが、他にも対義語で

 

「張る」と「緩める」

「走る」と「止まる」

 

などの対義語は、どちらの言葉も私たちの日常生活に大切だと気づきます。

「気を張る」と「気を緩める」etc…

 

さて、話は少し変わり、「開く」と「閉じる」という対義語があります。

サロンのメニューにある「骨盤スリムストレッチ」でよく私が口にする言葉ですが、

『骨盤』って美容的な面からだけでいうと「閉まる」ことが良いとされますが、医学的な『骨盤』のあり方も学んだ私から言わせると

「開かないと閉まらないんです」

だから、きちんと骨盤を開かせることも必要なんです。

 

締めるだけがいいのではないっ

「骨盤を閉めること」だけが良いと思われている方はいらっしゃらないでしょうか?

『骨盤を閉めないと!』と、夜も「ガードル」をつけて休まれている方はいないでしょうか?

夜は『骨盤』は生理的に開くようになっています。

そこで無理やりガードルなどを履いて閉めようとすると「不眠」などの障害も出てきます。

骨盤にも「ON」と「OFF」が必要なんです!

 

まとめ

 

このブログでは、「ON」と「OFF」のこと、そして「開く」と「閉じる」という骨盤の話まで書いてきましたが、うまく伝わったでしょうか?

話が幅広くなってしまってごめんなさい。

このブログを読んでくださったあなたが、「開くこと」「閉じること」をどちらもできる『骨盤』を持ちつつ、
日常生活の「ON」と「OFF」の時間を大切に、毎日を幸せに元気に過ごされることを願っております。

 

では、またお会いしましょう(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

🌟サロンメニュー

🌟お客様の声

🌟ヘッドセラピー

🌟LINE@

🌟メルマガ登録(スマホ用)

🌟メルマガ登録(PC用)

 

関連記事

セラピスト紹介

北九州市八幡西区【結果】【癒し】のヒーリング美エステサロン「Body&Face Hiina(ヒーナ)」オーナーセラピストの扇谷比奈子(おおぎやひなこ)です。

二児の母。うお座のO型。

旅行が趣味です。

歯科衛生士と美容師の国家資格を持っています。

私のサロンでは、20代~70代の女性のお客様への、【BODY】【フェイシャル】【骨盤】のケアを施しています。

【心身の疲れのリセット】【カラダ】や【お顔】のコンプレックスに向き合い、丁寧な手技で心を込めたお手入れをしています。
また、全国各地でプロのセラピスト様や主婦の方に向けた講座も開いております。

詳しくはこちら

PAGE TOP